明治5年創業「冨来郁(ふくいく)」菓子の逸品中の逸品をセレクトした、スマートフォン最適化 特設サイト

〒529-1404 滋賀県東近江市宮荘町419
営業時間:8時~18時(定休日:水曜)
TEL:0748-48-2919
FAX:0748-48-2283

菓道冨来郁

〒529-1404  滋賀県東近江市宮荘町419
営業時間8時~18時(定休日:水曜)
TEL:0748-48-2919 FAX:0748-48-2283

冨来郁マーク
冨来郁について


HOME | 冨来郁について

おいしい和菓子
季節感のある和菓子
大切にしたいあの方へ

 

ようこそ、冨来郁のホームページにお越し下さいましてありがとうございます。
お菓子は、人とひとをつなぎ大切な方へ思いを伝える重要な文化であると冨来郁は考えます。
そして、皆様に喜ばれる菓子づくりを家業にできること、材料となる大自然の恵みに感謝しています。人は多くの方々の支えやご援助を頂いて暮らしています。私たちは、「日ごろお世話になっている、あの方へお礼がしたい。」、「いつも一緒にがんばっている仲間と笑顔で楽しく明るく声弾ませたい。」、「自分の大好きな地域の文化や人生の大切な節目を迎えた家族の成長を伝え、お祝いしたい。」その様な思い溢れる気持ちに役立ちたいと考えます。だからこそ、安全で美味しいお菓子づくりを使命とし、地域の歴史文化の継承と明るい豊かな暮らしを見つめ続けます。

 
冨来郁 四代目当主  南 万寿夫
季節の生菓子
菓子箱

和菓子を創り続けて一世紀半

 
当家の始まりは、初代伊兵衛が分家独立したのが、今から約200年前の享保年間であります。当時、材木商を営んでいたと記されており、伊勢御代三街道沿いに多くの近江湖東商人と共に常夜灯(三重県関市)も建てました。その石の土台には今も初代、南伊兵衛の名前が刻まれ残っています。
お菓子づくりは慶応から明治にかけて3代目の與惣吉が菓子業の修行後、独立。以来、幾度の店舗の移転、大火災による全焼などを乗り越えながら現在の地、五個荘で約150年間営業させていただいております。
 
冨来郁は、四季折々の素材を活かした安全で美味しいお菓子を通して、お客様に心のやすらぎと笑顔、心弾む感動を、これからもお届けし続けてまいります。